国民生活センターに寄せられる手抜き工事の実態

愛知県で施工実績712件。私たちの誇りは、お客様が笑顔になる仕事をしていることです。
株式会社日本テック 0800-200-8680

国民生活センターに寄せられる手抜き工事の実態

驚くかもしれません。
下記は国民生活センターに寄せられた、
塗装、リフォーム工事の相談の一例です。

  • 業者に「近所で工事をしていて、お宅の屋根が見えた。雨漏りしてからでは遅い」
    と勧誘され、屋根の補修工事を契約した。
    高額なのでクーリング・オフしたいが、業者と連絡が取れず不安だ。
  • 1週間前、来訪した業者に外壁塗装工事を勧誘された。
    今日見積りを持って再来訪し「今日契約すれば安くする」と言われ、契約した。
    冷静に考えると高額で必要なく、クーリング・オフしたい。
  • 姉が友人の口コミをきっかけに、悪質リフォーム対策のセミナーに参加した。
    セミナーの際に、自宅の無料点検を依頼した。
    点検後に外壁塗装と屋根工事の見積書を提示され、「その日のうちに契約してほしい」と言われ、リフォーム工事の契約をした。
    工程表が示されないなど、事業者の対応が不満なので、クーリング・オフをしたい。
  • 訪問販売で、戸建住宅の外壁塗装工事を依頼した。
    しかし、請求金額がメーカーの設定価格より2倍以上と高額で納得できない。
    減額交渉は可能だろうか。
  • 訪問販売で雨どいの清掃を契約した。
    その際に、屋根工事等を勧められ契約した。
    その後、書面の内容に不安な点があり、クーリング・オフをしたが、業者から書面の受け取り拒否をされた。今後の対応方法を知りたい。
  • 自宅のリフォーム工事を契約し、
    すでに前金約200万円を支払ったが、契約先が倒産したらしい。
    どうすればよいか。
  • 数日前、母が電話のアンケートで屋根の修理などについて答えた。
    昨日、母が電話で「火災保険金を使い無料で屋根の修理ができる」と勧誘され、来訪した業者と火災保険の申請サポートと屋根工事の契約をしたが、不審なので解約させたい。

これらは国民生活センターに寄せられる相談の、
ごく一部です。

安売り業者の裏話。

さらに、塗装業界の裏話です。

~裏話①「契約した塗料ではなく、安い塗料で工事する」~

これは非常に悪質なケースです。
契約内容の塗料にパッケージを安い塗料に入れる。
また、
お客様が不在時に安い塗料で塗る。

こんなことをされたら、
一般のお客様は見ぬことは出来ないでしょう。

~裏話②「本来しなければいけない作業工程を省略する」~
(例:3回塗りを2回塗りにする)

安さを追求する業者は、
利益を出すために工程を1工程省くことがあります。

1工程省くと人件費・材料費が浮きます。
中には劣悪な工事単価や施工日程で下請けをさせられている業者さんで
やむなくしてしまうことも業界ではよく聞きます。

そして、
これは大きな声では言えませんが、
大手ハウスメーカーでも同じことが当たり前に起きています。
ある現場が赤字になりそうになると、
平気で手抜きの指示を出す現場監督が存在します。
業界では常識です。

~裏話③「材料費を抑えるために塗料を薄めて工事する」~
(例:9缶必要なのに、5缶しか使用しない)

塗料というのは住宅の条件や季節にあわせて、
原液を薄めて使います。

しかし、安さを売りにしている業者では、
必要以上に原液を薄めて使用します。
その結果、塗装の耐久性を下げてしまいます。

塗った当初は、
それをプロの目で見ても見抜けません。

しかし、手抜き工事をすると、3年~5年後に剥げてきます。

その時、無料でフォローする業者など、
ほとんど存在しません。

~裏話④「近所にまでペンキをとばす。養生せずに工事する」~

塗装をすると少なからず回りに塗料が飛び散ります。
塗装工事において、丁寧な養生は絶対に欠かせません。

安売り業者は、
養生をすることを少しでも省くことにより、
費用も抑えて時間も短縮できます。
業者にとっては好都合なのです。

「隣の家を塗っちゃった・・・」
「車にペンキがかかった・・・」

養生。
そして、
思いやりに欠けている職人さんは要注意です。

職人さんの主な仕事場は他人の家です。
プロとして、
他人の家である仕事現場をきれいにできないのであれば、
言い仕事などできるはずがありません。

~裏話⑤「職人ではなく、腕の未熟なアルバイトを雇い工事をする」~

塗装工事で一番高いコストが人件費です。

そして、
人件費を抑える一つとして、
業者はアルバイトを安く雇い利益を出そうとします。

すると工事後、
あきらかに完成度、耐久性が落ちます。

安い価格だけでなく、
10年後を考えて業者選びを!

塗装業界は、
一部の業者を除いて下請けが主体です。

厳しい利益体質の中で仕事をします。
そんな業者の中には、
手抜きのプロセスなどお構いなしの会社もあります。

それでなければ、
毎年、国民生活センターにリフォーム、塗装工事の相談は寄せられません。

是非、地元で評判の良い業者を選んでください。

ご相談、お問い合わせはお気軽に

株式会社日本テック
0800-200-8680